新規募集状況

やまと学院. 指導方針

やまと学院.

やまと学院. 指導方針

先生1人に生徒は2~4人まで [個別指導スタイル]

塾長
塾長

だから 、 一人一人の生徒さんをしっかりと見ることができます。





教師はなるべく教えません

・答え合わせもできるだけ生徒さん自身にやってもらいます。
・自習形式ではありません。ほぼマンツーマンで生徒さんを指導します。

塾長
塾長

それは 、基本的に説明しなくてもすむテキストを使っていること。また、解説プリント等をお渡しし、少しでも自力で解けるように工夫しているから可能なのです。

Aさん
Aさん

でも、教えてもらわないと塾に行ってる意味がないんじゃないの?

塾長
塾長

もちろん生徒さんの理解度などに合わせて、いろいろなレベルのヒントも出しますし、それでもわからないときは丁寧に教えます

しかし、「自分で解けた!!」という実感がとても大切で、そこから自己肯定感が高まり、「次も頑張ろう」と思えるのです。


勉強を通して自立の精神を養ってほしいと願っております。


さらに、教師たちは教える代わりに、生徒たちのたしかな学力と、そのときどきの「心」の状態をじっくり見ることができるようになります。






学校の進度より少し早めに進めていきます。

塾長
塾長

だから 、学校の授業が分かるようになり、授業も面白くなります

Aさん
Aさん

うちの子もその進度についていけるかしら?

塾長
塾長

ご安心下さい。
個別にテキスト、進度、解く問題等を選択していきますので、無理なく進められます


勉強が苦手な生徒さんは、分かるまで繰り返し説明しますし、前学年までの学習が不十分ならば、遡り学習も適宜取り組みます。

また、勉強が得意で意欲のある生徒さんは、学校の進度にかかわらずどんどん進めていきますし、学校では取り組まないような難しい問題も解いていきます。

Aさん
Aさん

どんどん進めてしまっては、忘れてしまうんじゃないの?

塾長
塾長

もちろんほとんどの生徒さんは、すぐに忘れてしまいます。
ですから、基本的に学校で学ぶ少し前に塾で学習します。そして、学校の授業がその復習という形になります。また、テスト前にはもちろんもう一度その範囲を復習しますので、最低でも同じ単元を3回繰り返し学習することになります。

Aさん
Aさん

うちの子、忘れやすいから、それでも不安だわ・・・

塾長
塾長

そういう不安にお答えするため、またより多くの問題演習に取り組みたいというご要望にお応えするために、「週末補習」なるものもご用意しております。

Aさん
Aさん

[週末補習]ってどんなことをするの?

塾長
塾長

「週末補習」とは、eトレというシステムを利用したプリント学習です。

中学校の範囲であれば、どの科目、どの学年の学習にも取り組めますし、システムのAIがプリントの点数から判断して、類題を復習すべきなのか、先に進むべきなのかを指示してくれます。

また多くの問題が入っており、学校や塾での演習不足を補ってくれますし、普段、塾で数学と英語の学習しかしていない場合、その他の科目をこのシステムで補って頂けます。

週末補習は希望者のみの講座です。

Aさん
Aさん

テスト前には補習などあるの?

塾長
塾長

お任せ下さい!
中学生は全員、テスト前の週末に補習致します。
基本的には、2時間 × 3回以上の補習を致します。

普段の授業では、数学と英語を中心に学習しますが、テスト前補講では、国語や理科を中心に補習していきます。


いまは勉強が苦手でも、好きではなくてもいいのです。

しかし、
「勉強ができるようになりたい。」
「よい点数が取りたい。」
「必ず行きたい高校がある。」
「もう友だちに馬鹿にされたくない。」
など、強い気持ちがどうしても必要です。

その気持ちを持って授業に臨んで頂ければ、必ずや成績がよくなります。
そして、成績が上がってくれば、受験勉強自体も面白くなり、好きな科目もできてきます。

やまと学院.の一員となり、どうか一緒に目標を達成していきましょう。
お待ちしております。


やまと学院.
塾長 大和山太郎